シャフト剛性測定器II

  • 商品イメージ
  • 商品イメージ

ゴルフメカニクス

シャフト剛性測定器II

商品コード: 59040171

¥135,300 (税込)

本商品は個単位での販売となります。

数量(セット)

カートに追加しました。
カートへ進む
組立に追加しました。
パーツの選択へ進む

販売開始日:2010/03/19

原産国: 台湾

レンタル工具もご用意しております >>>
本商品のレンタルして頂いた1ヵ月以内に、本商品をご購入頂いた場合、
レンタル代金分を割引させていただくクーポンをプレゼントしております。
シャフトはそれぞれのメーカーが測定基準を設けているため、同じフレックスでも実際の硬度はまちまち。 それを統一基準で測定することができる画期的な計測器。チップ側とバット側を支点として、その区間の荷重を測定する センターフレックスや円周方向の硬さの違いを測定するスパイン測定をはじめ、シャフトを任意のスパンで荷重を測定できる。 更にシャフト径補正までも可能な高性能モデル。

前作からの改良点 (従前品の機能は、基本的にそのまま利用可能)
両脇の支点位置及び、一方は支点高さも0.5mm単位で調整可能となったことで、さらに測定自由度が増し、多様な方式による シャフト性能の測定が可能。 チップ側とバット側を支点として、その区間の荷重を測定するセンターフレックス方式や 円周方向の硬さの違いを測定するスパイン検出をはじめ、最大46インチまでの任意のスパンで荷重を測定できるため、 シャフト部位毎に剛性を計測し、調子、ベンディングポイントの特定も可能。本体も安定性が高く、頑丈な構造に変更。

シャフトを指示する支点にはシールベアリングをダブルで装着。シャフトを回転させて、その荷重を測定する為の必需品。
シャフトの荷重を測定するセンサー部。チップ部とバット部の間でシャフトの荷重を計る為に、テンションをかける主要部分。設定も細微に調整できるようになっている。
センサー部から取り入れたデータを数値化するコントロールパネル部。データは液晶表示され、測定項目もスイッチで切り替えられる。
測定するシャフトのバット部に装着する分度器。シャフトを回転させた時の角度を明確に記す為に使用。分度器自体の質量があるので、その分を差し引いて計算する。



●付属品:分度器(アングルゲージ)、ACアダプタ、USBケーブル
※各種ケーブルを用いてのPC との接続に関しましては、当社のサポート外とさせて頂きます。

●最大両支点間スパン:46インチ(約1,168mm)
●荷重測定部最大変位:1インチ(約25mm)
●チップ部最大変位:4インチ(約102mm)
●荷重換算単位:キログラム、グラム


●材質:アルミニウム、ステンレススチール
●サイズ:幅1,210×奥行き210×高さ210mm
●重さ:約6kg
※商品お届け時に和訳書付属。

●別売りのシャフト剛性計測器用偏位ホルダー(左側追加用)はこちら


取付方法はこちらをクリックしてください

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

レビューはありません。

レビューを投稿