• 商品イメージ
  • 商品イメージ

ゴルフメカニクス

シャフトスパイン検出器

商品コード: 59040231

¥12,320 (税込)

本商品は個単位での販売となります。

数量(セット)

カートに追加しました。
カートへ進む
組立に追加しました。
パーツの選択へ進む

販売開始日:2011/04/12

原産国: 台湾


作業台や万力に固定し、シャフトのスパインラインを簡易的に検出できるツール。

本品は、多くのシャフトで曲げられる向きによって一定ではない曲げ剛性値について、その相対的な変化を 把握するための器具です。一般に、曲げ剛性値の高い部分を背骨に喩えてスパインと呼び、曲げ剛性値の低い 部分をニュートラル・ポジション、スパイン・ニュートラル等と呼びます。これらをどのような向きでヘッド に挿すのかによって、スイングにおけるシャフト挙動の再現性は大きく異なります。そうしたフィッティングを行う際に、本器はスパインやスパイン・ニュートラルを容易に特定可能です。曲げ剛性値の計測等、シャフトの剛性に関して、詳しい計測を希望される場合は、 シャフト剛性測定器IIの導入をご検討ください。




●約680g
●材質:スチール、プラスチック
●作業台固定ビス、説明書付属

使用方法【動画】


《フィッティングへの応用について》
計測したスパイン、スパイン・ニュートラルの各位置の持つ意味や、その利用法について、概略を説明致します。

◎スパイン・フィッティングとは?
シャフトは、曲がり、しなりに対する応力=硬さがその曲げる向きによって異なり、その最も硬い部分をスパインと呼 んでいます。シャフトの偏肉と湾曲、この二つが主な原因になります。
また、実際に計測すると、シャフト長手方向の計測位置によって、スパインの強度やスパインの位置(=向き)は一貫 せず変化しています。これらを要約し、バットを主としたシャフト長手方向全体の最も顕著なスパインと、最もしなりに 対する応力が弱い部分=スパイン・ニュートラルを利用してフィッティングを行うのが、一般的に行われているスパイ ン・フィッティングです。

◎スパインの影響
シャフトをしならせる力が加わると、それに反発し、結果としてシャフトは振動します。この時、スパイン・ニュートラル 断面に対して力が加わると、振動は直線に近いものになりますが、それ以外の向きで力が加わると、振動は円に近く なったり、縦向きの力が加わったのにも関わらず、横方向に振動したりと不規則な挙動になります。この挙動を出来るだけ抑えようと言うのが、スパイン・ニュートラル調整の目的です。スパインの位置を調整する方式もありますが、弊 社では、スパイン・ニュートラルを基準とした調整を推奨しています。

◎スパイン・ニュートラル調整の推奨方式
実際のスウィング中にシャフトに加わる力は、ヘッドの重みによるものと、スウィング動作によるものがスイングの各段階によって変化するので、非常に複雑です。それらの中で、大きなしなりの要因に対して、効率よく対処できる方 式として、スパイン・ニュートラル断面をヘッドの重心角方向に合致させる方式を推奨しています。
なお、組立時には、重心角を計測しなくても、ヘッドをシャフトに挿し(未接着)、ヘッドの鉛直の向き(=ヘッドが重力で自然に向く向き)を利用して調整します。シャフトのスパイン・ニュートラル断面を延長した線は、必ずヘッドの重心 位置を通る状態になります。

ジオテックが推奨するスパイン・ニュートラル・フィッティング方式
ヘッド重心からシャフト軸に引いた線と、スパイン・ニュートラル断面の角度を一致させるように組 み立てることで、スイング中の振動を素直に受け止め、減衰させることが出来ます。
これにより、ゴルファーがスイング・スピードをアップさせて行こうとする際、どうしても不安定 になりがちなスイング軌道を不規則にすることを防ぎ、スイングの再現性、ひいてはインパクトの 再現性を高めることを目的としています。
従来のスパイン・フィッティング方式
スパインを6時の方向や、3時の方向に配し、トゥダウンを防いだり、インパクト時にボールを押し出 す方向にスパインを利用すると言った、スパインを基準とした調整では、スパインが振動に積極的に干渉し、振動方向が安定しません。
その一方で、スパインから得られる効果はスイングによるヘッドの遠心力により、相殺されてしま うほど、小さなものです。


取付方法はこちらをクリックしてください

この商品のレビュー ★★★☆☆ (13)

  • 2015/01/14 ゴルフ大好きMAN さん ★★★☆☆

    はっきりいっておすすめ!

    この度は、以前から気になっていましたスパイン検出器のレポートです。
    知り合いのシングルの方から良くクラブのしなり方向がバラバラだと方向やスイングがバラつくと言うような事を聞いていてずっと気になっていました。
    人間とは不思議なもので、意識では気づいていなくても感覚でクラブに何か違和感を覚えていたりするものです。
    知らず知らずのうちにバラバラの撓り方のクラブに体が毎度合わせようとしていきますがゴルフは素振りは2回程度で1球勝負そんな程度で毎クラブ撓り方の違うクラブに合わせられるはずがありません。
    それを知ってからというもの、時間を掛けシャフトのスパインの事を調べました。
    今の製造技術では真円の偏りのないシャフトを製造する事は不可能なこと、そして均一な厚みのメタルシートや、カーボンシートも製造できないとのこと。
    だからスパインやスパインニュートラルが必ず存在すること、ならばいっそのことすべての撓り具合を統一するべきではと納得、確信しました。
    リシャフト工房に頼むと中古のアイアンセットがもう1セット買えるぐらいの金額になります。
    それがジオテックさんの商品は格安、そして実際に使うとこれでもかと言うほどスパインがわかりますよ。
    スチールからカーボンすべて統一して組みなおしたところ格段にミスヒットや方向が良くなりました。
    みなさん、一度スパインの流れを全クラブ統一してみてはいかがですか?
    はっきりいっておすすめです!たぶんびっくりしますよ!!
    ちなみにジオテックさんのヘッドは飛びますよ!

  • 2014/12/01 かずくん さん ★★★☆☆

    ミート率が向上しました。

    ゴルフを始めて30年、DIY歴15年で人と違うクラブを使用するのが好きで、初めてのDIYはグリップ交換でした。
    シャフト交換をしていると、シャフトスパインに興味を持つようになりました。しかし測定器は高価なため諦めていました。そんなおり、低価格のシャフトスパイン検出器を知り、即購入しました。
    シャフトスパイン検出器が到着し早速現在使用しているクラブを全て分解しシャフトスパイン検出器で測定し、組み直しました。
    組み直したクラブはドライバーではヘッドスピードが少し早くなりました。
    驚いたのはミート率の向上でした。
    早くホームコースでのプレイが楽しみです。

  • 2014/12/01 コードブルー さん ★★★☆☆

    優れもの

    私は自分でリシャフトする前からスパイン調整の事が気になっていたのですが、専門的で難しいなと思っていました。でも自分でリシャフトするようになり何だか避けて通れないなと思い、今回値段もお手頃だったのでダメ元で購入してみました。
    届いて試しにDGのシャフトを検出してみたところ、面白いほど簡単に固い所、軟らかい所がわかり感激しました。
    試しに何の知識もない私の子供に検出させて見た所、よくわかると感心していました。
    これで漠然とシャフトのロゴ合わせで組んでいた事を思うと何か確信を持ってリシャフト出来るのでこれからが楽しみです。

  • 2014/04/26 ケン さん ★★★☆☆

    方向性がよくなりました

    この器具を使って組み立てたクラブは変な曲がりがないです、ウッドも組み換え後は全く違うクラブになりました。 アイアンもこれまではクラブによって癖があったのがどれも同じ様にスイングが出来るので安心です。

  • 2013/06/30 MATE1115 さん ★★★☆☆

    スパインについて

    スパインはかなり前から気になっていましたが、近くの工房などは設備もなく、仮にあっても最悪ヘッドの抜差し、グリップ交換が加算されればかなり高額になり躊躇していましたが、この度思い切って商品を買い、自分で検出してみました。幸いドライバーがテーラーメイドのFCTのためヘッドが外れますので簡単に検出できました。運良くスパインは(スパインニュートラル)真上にあり、グリップを差し替える事もなく、シャフトのロゴも真っ直ぐのまま使用できそうです。
    他のスチールシャフトやリシャフト前の純正カーボンの(ヘッドなしグリップ付)も検出しましたが、これはかなりズレていたので再利用するにはグリップを交換しないといけないようでした。
    できればヘッドが付いたまま、又はグリップが付いたまま検出できれば最高です。特にバット側からシャフトがグリップが付いたまま入れば可能かと思います。

レビューを投稿