ロフト角
フェース面の上向きの度合いを表す角度。<br>ロフト角が大きいほどフェース面が上を向いています。

ライ角
ウッド、及びパターの場合は、ソールを正常に座らせた際(トウ、ヒール間が同間隔)、アイアンの場合は、フェーススコアラ インが水平となるようにソールさせた際のシャフト軸線の傾角。

フェース角
ライ角を合わせ、シャフトを地面に対して垂直面内に固定して、ソール面を地面につけた時のシャフ ト軸線とフェースラインからなる角度を言います。

重心
実際にはヘッド内部に存在する重量配分の中心点であるが、ヘッド単体でのフェース面上とソール面上の2点を重心 点と定めて計測することが多い。フェース面上の重心点は組み立てられたクラブのスイートスポットとほぼ同位置にあり、 大型ウッドでは、この重心点より上の部分にボールをよく飛ばす領域が存在します。




  • Runtage アスリートラウンドプロ

  • Fujikura 24 VENTUS BLUE

  • 『New Tip Technology』搭載により、先端部の捩れ量を最適化。